BLOG

目黒で唯一 病院や整体で治らない
【頭痛】【肩こり】【慢性疲労】

3ヶ月で根本改善する
ボディデザインスタジオ目黒の川谷です。

先日、慢性的な疲労でお悩みのクライアント様のセッションを行いました。

『いくら寝ても疲労が抜けなくて、ずっと眠い感じがする』

とおっしゃっていましたが、原因が明らかだったので、そこにアプローチしたところ、その場で疲労感が軽減しました!

慢性的な疲労は、サプリメントやドリンクに頼りがちですが、そもそもの原因にアプローチすればしっかりと回復させることができます!

この記事では、慢性疲労の原因と回復させる3つのポイントについてご紹介します。

◎慢性疲労が寝ても取れない原因は?◎

慢性疲労が抜けない原因として考えられるのは、身体が常に緊張状態にあるということです。

これには自律神経が大きく関わっています。

基本的に人間の身体は、疲労を回復させようとするとき、副交感神経が働いて身体がリラックス状態になります。

ところが、現代人は仕事や環境のストレスによって交感神経が優位になりやすい状態になってしまっています。

交感神経が優位になると、身体は緊張し、呼吸が浅くなり、エネルギーが消費される方に働きます。

この状態で寝ようとしても、疲労を回復させるための十分な酸素が身体に送られません。

それによって、身体が回復しきれないまま朝を迎えてしまうわけです。

これではいくら疲労回復系のサプリメントやドリンクを飲んでも、自律神経の乱れを改善しなければ良くなりません!

◎慢性疲労を回復させる3つのポイント◎

では、自律神経の乱れを改善し、寝ても取れない慢性疲労をスッキリ改善する方法をご紹介します!

当スタジオで私が行なったアプローチは以下の3つです。

1.肋骨の位置を整える
2.深呼吸をする
3.軽めの運動をする

  1. 肋骨の位置を整える

    肋骨の下には横隔膜という呼吸をするための筋肉がついており、自律神経によって無意識に活動しています。

    自律神経が乱れて交感神経が優位になると、肋骨が浮き上がり呼吸が浅くなります。

    なのでまず、肋骨の位置を正して呼吸が深くできる状態にします。

  2. 深呼吸をする

    肋骨の位置を整えた上で、今度は深呼吸を行います。

    深呼吸には、副交感神経を高めて身体をリラックスモードにする働きがあります。

    できるだけゆっくり息を吸いながら吸って、今度は吸う時の倍くらい時間をかけて長めに息を吐くようにします。

    意識的に深い呼吸をすることで、全身の血管が広がり、筋肉の緊張が緩んでいくのを感じるはずです。

  3. 軽めの運動をする

    最後に、軽い運動をして全身の血流を巡らせます。

    激しい運動をすると、逆に交感神経が優位になってしまうので、ウォーキングや自体重でのスクワットなど、それほど負荷の大きくない運動がオススメです。

    特に今のような寒い時期には、軽めの運動で身体を温めてから寝ることで、さらに疲労回復効果が期待できます!

◎まとめ◎

いかがでしたか?

慢性疲労を回復させるためには、サプリメントやドリンクといったその場しのぎのものに頼ってしまうのではなく、根本の原因を改善することが大切です!

師走の忙しい時期、なかなか疲労が抜けないという方は是非、寝る前の深呼吸と軽めの運動だけでも実践してみてはいかがでしょうか?

いつまでも疲労のない身体を手に入れたいという方、是非当スタジオにご相談ください!

 

新規ご入会は 月・火・水のみとさせて頂きます。そのほかの曜日は満員になっております。

身体のご相談・体験セッションのお申し込みコチラから

期間限定!【頭痛改善の3つのポイント】資料プレゼント!コチラからプレゼントを受け取る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。