BLOG

目黒で唯一 病院や整体で治らない
【頭痛】【肩こり】【慢性疲労】
3ヶ月で根本改善する
ボディデザインスタジオ目黒の川谷です。

=============
ボディデザインスタジオとは?
《自律神経の調整》
《セルフケアの習得》
病院・整体・マッサージ・ジムに行く必要のない身体を作る専門スタジオです。
=============

当スタジオは、他のパーソナルトレーニングスタジオではなかなかやっていない頭痛の改善も行なっています。

これまでも慢性的な頭痛をお持ちで、頭痛薬が手放せないようなクライアントさんもいらっしゃいましたが、今では飲まなくても平気なくらい改善しました!

なぜ当スタジオが慢性的な頭痛を改善できるかというと、根本原因にアプローチする手技クライアント自身がセルフで行えるストレッチを正しく指導しているからです。

この記事では、そのセルフで頭痛を改善させるストレッチを、写真付きで解説しながらご紹介したいと思います!

◎頭痛をセルフで改善させるストレッチとは?◎

頭痛をセルフで改善させるには、ズバリ首のストレッチが重要になります。

慢性頭痛の主たる原因は、脳に適切な量の血液が送られなくなることにあります。

それは首の筋肉が緊張することで起こります。

なので、日頃からセルフで首回りの緊張をケアしてあげれば、頭痛が起こりにくい身体にすることができます。

◎頭痛を改善させる首のストレッチ3選◎

首は左右前後に動く関節なので、筋肉の付き方もちょっと複雑です。

なので、それぞれの方向にじっくり伸ばしてあげることが大切です。

以下に当スタジオでも実際に教えている3つのストレッチをご紹介します。

とてもに簡単にできるストレッチなので、是非今日から皆さんも実践してみてください!

  1. 首のストレッチ①:横側

    頭痛を改善させる首のストレッチ3選

    まず、片手で頭を右に傾けて、もう片方の腕はできるだけリラックスした姿勢をとります。

    次にその状態でゆっくり大きく息を吸って、ため息っぽく息を吐きながら肩の力を抜くように深呼吸をしましょう。

    この形での深呼吸を約3〜5回繰り返します。

    反対も同様に行います。

  2. 首のストレッチ②:前側

    頭痛を改善させる首のストレッチ3選

    首の前側は胸鎖乳突筋という、首の前にVの字に付いている筋肉があります(歯を食いしばると浮き出てくる筋肉です)。

    前側はそこをストレッチしていきましょう。

    まず、胸の上にある鎖骨に手をあてて、対角上に顎をあげます。

    少し顎をしゃくれさせるようにするとよく伸びます。

    その状態でまた深呼吸を3~5回繰り返します。

    反対側の胸鎖乳突筋も同様にストレッチしましょう。

  3. 首のストレッチ③:後ろ側

    頭痛を改善させる首のストレッチ3選

    首の後ろは1方向で行います。

    両手を頭の後ろで組んだら、顎を引いて首の根元から折るように頭を下げます。

    こちらもその状態で深呼吸を3〜5回繰り返しましょう。

このような形で合計5つのストレッチを行うと、視界が明るくなって頭痛がスッキリする感覚が得られると思います。

◎頭痛をストレッチ効果的に改善させる2つのポイント◎

ここまで、頭痛を改善させるためにセルフでできる3つのストレッチをご紹介しました。

このストレッチでより効果的に頭痛を改善させるために、2つのポイントをお話ししておきます。

  • 無理に伸ばさずゆっくり深呼吸をする

    これはどのストレッチでも共通することなのですが、多くの人は一生懸命筋肉を伸ばそうとしたり、呼吸を止めて勢いよくやりがちです。

    これは逆に脳に送られる血流を妨げてしまうのでNGです!

    ストレッチのコツはとにかく無理に伸ばさないこと

    最初の姿勢を取るときは伸びてるか伸びてないか微妙なくらいで構いません。

    そこからただひたすらにゆっくり深呼吸を繰り返してみてください。

    すると重力で筋肉が自然と伸びていくのが感じられるはずです。

    ストレッチを“伸ばす”ではなく“伸びる”と言う感覚で行うことが、ストレッチの効果を最大限に高めてくれます!

  • 少しずつでもいいから毎日続ける

    これが何よりも大事です。

    ストレッチをした瞬間は即効的に頭痛が軽くなる感じが得られると思いますが、残念ながら一回で改善することはほとんどありません。

    なぜなら、筋肉が緊張した状態がまだ脳にインプットされてしまっているので、しばらくするとまた元に戻ってしまいます。

    脳がリラックスした筋肉に状態を覚えてくれるまでには少なくとも2~3ヶ月はかかります。

    3つ全部をやれなくても、1つか2つをちょっとずつ毎日続けることが大切です。

    それが習慣として脳にインプットされてくれば、普段から首が緩みやすい状態になり、結果として気づいたら頭痛が改善しているというのが理想的なゴールになります。

◎まとめ◎

いかがでしたか?

ストレッチもポイントを押さえながらしっかり行えば、頭痛だけでなく様々な痛みや不調の改善にも効果を発揮します。

ぜひ皆さんも今日から実践してみてくださいね!

身体のご相談・体験セッションのお申し込みコチラから

新規ご入会は【月・火・水のみ】とさせて頂いております。その他の曜日は満員のためお受けできません。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。