BLOG

目黒で唯一

病院や整体でも治らない不調

3ヶ月で根本改善するパーソナルトレーニングスタジオ

ボディデザインスタジオ目黒の川谷です。

 

ストレス社会の現代を生きる人の多くが、頭痛に悩まされているという事実があります。

特に多いのは、働く女性です!

ある国民の実態調査によれば、働く女性の3人に1人は週1回以上の頭痛を経験したことあることがわかっています。

頭痛を感じた時に、ほとんどの人がどういった対策をとるかといえば、頭痛薬を飲むと思います。

一時的にくるような頭痛であればこれでもいいのですが、週1回以上定期的に、あるいはそれ以上の頻度で起こるような頭痛は薬に頼らないほうがいいです!

当スタジオにも頭痛に悩むたくさんのお客様にお越しいただいていますが、頭痛薬が手放せずにそれでも痛みが引かない方がほとんどです。

そんな頭痛でも、自分自身セルフで簡単に改善する方法があります!

頭痛が起こる仕組みさえわかってしまえば、薬なしで意外と簡単に治すことができちゃうんです!

この記事では薬なしで頭痛を改善する方法をご紹介したいと思います!

◎頭痛が起こるそもそもの原因は?◎

まず、頭痛が起こるそもそもの原因はなんなのでしょうか?

突発的にくる頭痛は別として、定期的や慢性的にくる頭痛の原因は、自律神経の乱れによって首が緊張してしまうことです。

『自律神経?』と思った方はまずこちらの記事をご覧ください!

自律神経が乱れる原因は思い2つあります。

1.姿勢(骨格)の乱れ
2.ストレス

  1. 姿勢(骨格)の乱れ

    私たちの頭は、成人であれば重さにして約5kgあります。

    これはボーリング玉の12~13ポンドに匹敵します!

    これだけ思い頭を、私たちの身体は細い首一本で支えなければならないわけです。

    そして、現代人はスマホやデスクワークが当たり前になっているため、日常的に首が前に出る姿勢を取っています。

    これによって、重たい頭が落ちないように首の筋肉が一生懸命支えようとして、首回りが緊張してしまいます。

    また、首には自律神経の重要な部分が集中しているため、ここが緊張すると自律神経が大きく乱れやすくなります。

  2. ストレス

    冒頭でも言いましたが、現代はストレス社会です。

    働き盛りの人々は常に仕事や日常の生活に追われるし、夜でも外は明るく賑やかです。

    昔とは比べ物にならないくらい、世の中はストレスで溢れかえっています。

    自律神経はストレスにとっても弱い神経で、ストレスが蓄積すると交感神経が優位になります。

    交感神経が優位になると、身体は常に戦闘モード。

    心拍数が上がって筋肉が緊張しやすくなります。

    これがさらに首の緊張を加速させます。

このような原因によって、慢性的な頭痛が引き起こってしまいます。

薬をいくら飲んでも頭痛が治らない人は、まずこの原因を理解しないといけません!

頭痛薬は、あくまで痛みの原因物質(脳が痛みを感知するための物質)の発生を抑えるためのものです。

なので、根本的な原因にアプローチできずイタチごっこになってしまいます。

◎薬なしで頭痛を改善する方法とは?◎

ここまで、頭痛が起こる原因についてお話ししました。

では、このような頭痛を薬に頼ることなく改善するにはどうすればいいのでしょうか?

方法はとても簡単です!

要は原因となっている首の緊張を緩和させてあげればいいのです。

今回は具体的な3つの方法をご紹介します!

1.アゴのマッサージをする
2.深呼吸をする
3.首のストレッチをする

  1. アゴのマッサージをする

    ストレスを感じると、人は無意識に食いしばる習性があります。

    薬なしで頭痛を治す方法とは?

    食いしばりが起こると、上の写真にある咬筋(噛むときに使う筋肉)と側頭筋(顎関節をぶら下げる筋肉)が緊張してしまいます。

    アゴの筋肉が緊張した状態だと、首の筋肉はなかなか緩んでくれません。

    なので、まずはこのあたりの筋肉を自身の指で優しくマッサージしてあげましょう!

    あまり強く押したりする必要はありません。

    指で優しくさする程度でいいので、指で円を描くように30秒~1分くらいマッサージしてみましょう。

  2. 深呼吸をする

    深呼吸は、全身の緊張を和らげる一番効果的な方法です。

    スポーツの試合の前や仕事のプレゼンの前など、緊張する場面で誰しも深呼吸をした経験があるのではないでしょうか?

    緊張すると、人は無意識に呼吸が浅くなります。

    なので本能的に、深呼吸やため息をして呼吸を深くしようとするわけです。

    それは深呼吸をすると心と体がリラックスすることを本能的に知っているからです。

    呼吸と自律神経は密接に関わっていて、呼吸が浅くなると交感神経優位に、深くなると副交感神経が優位になります。

    つまり、呼吸を意識的にコントロールすることで自律神経をコントロールすることができるわけです!

    深呼吸の理想としては、15秒以上楽に息が吸える呼吸です。

    これは初めはなかなか難しいですが、練習していくとだんだん深くできるようになります。

    深く息が吸えるようになるコツとしては、まず息を吐くことに集中して吸うときよりも長く吐いてみることです。

  3. 首のストレッチをする

    1と2をやったら下ごしらえはバッチリです!

    最後に首全体をストレッチします。

    首は前後左右に大きく動ける関節なので、それぞれの方向に伸ばしてあげましょう。

    その際、無理に頭を引っ張ったり、痛いと感じるほど伸ばしてはいけません!

    痛みを感じると、人はさらに緊張してしまうからです。

    自分が気持ちいいと感じるで止めて、あとはゆっくり深呼吸を30秒~1分程度するようにしましょう!

    すると、息を吐くたびに首の筋肉が緩んで、どんどん首が伸びていくのを感じるはずです。

以上の3つの工程を、できれば毎日やっていただきたいですが、時間や日を分けて継続的に行なっても大丈夫です!

気づいたら『あれ?頭痛が楽になった!』と感じていただけるはずです。

◎まとめ◎

いかがでしたか?

当スタジオでは3ヶ月で頭痛だけでなく、様々な不調を改善するアプローチを行いますが、セルフでできるコンディショニングも指導させていただいています。

なので3ヶ月後も、90%以上の方が2度と同じ不調を繰り返さない身体を手に入れています!

・頭痛薬が手放せず不安な方
・薬局通いを卒業したい方

是非当スタジオにご連絡ください!

 

身体のご相談・体験セッションのお申し込みは

コチラから

期間限定!頭痛改善の3つのポイント資料プレゼント!

コチラからプレゼントを受け取る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。