BLOG

目黒で唯一  病院や整体で治らない
【頭痛】【肩こり】【慢性疲労】
3ヶ月で根本改善する
ボディデザインスタジオ目黒の田口です。

 

最近当スタジオでは【頭痛の根本改善】のご依頼が非常に多くなっております。
その中でも
・頭痛外来に通われている
・整体に通われている
・鍼に通われている
・運動して改善を試みている
というようにご自分で、もしくは他の医療機関などに通われていても全く改善しなかったという方がほとんどです。
そのような方は本当に八方塞がりになってしまっていてお辛い状況で日々を過ごされています。

しかし、そんなどこへ通われても改善しなかった頭痛でも
・呼吸
・自律神経
・顎関節
・背骨
などにアプローチを行えば改善することがほとんどです。

そんな中、先日 当スタジオに通われているお客様から「子供の頭痛が酷いので改善できますか?」とのご相談を受けました。
そのお客様のブログがこちらです。

こちらををクリック

このお客様はお子様が小学生の低学年の時から慢性的な頭痛に悩まされていました。
しかし頭痛外来などに通うも改善が見込めず、多い時では1週間に4日も頭痛鎮痛剤を飲んでいました。

しかしたった2回のセッションで劇的に頭痛が改善しました!
長年頭痛に悩まれる方も多い中「たった2回」で改善するなんて信じられない方も多いですよね。

 

ではどのような人が頭痛になりやすいのか?いくつかのポイントを説明していきます。

◎どのような人が頭痛になりやすいのか◎

1、頑張りすぎる人

頑張りすぎる人は頭痛になりやすいです。頑張りすぎる(集中しすぎる)と人間は呼吸を止めてしまいます。
「息を飲む」という言葉があるようにほとんどの人は頑張っているときに呼吸をしていません。もししていたとしてもかなり浅い呼吸になっていることが多いです。そのような人は定期的に休憩をとってリラックスすることが重要です。

2、我慢してしまう人

我慢してしまう人も頭痛になりやすいです。人は我慢をするときに歯を食いしばってしまいます。想像してみましょう例えばあなたがものすごく誰かに怒っていたとします。しかしその怒りは伝えられない状況にいます(会社の上司など)そうなるとどのようにしますか? おそらく奥歯を噛み締めたりしているはずです。
怒りたくても怒れない=我慢。そのような人は食いしばりが生じて頭部が常に緊張してしまい頭痛が発生してしまいます。

3、真面目な人

真面目とは何でしょうか?皆さんの周りで真面目な人はどのような特徴がありますか?
おそらく「こうあるべき」「こうしなければならない」など自分で自分を締め付けてしまう人が多いように思います。そうすると「本当はこうしたいのにできない」など窮屈になってしまいストレスを感じ交感神経が過剰優位になってしまい頭痛が発生してしまいます。

 

◎まとめ◎

頭痛持ちの皆さんいかがでしょうか?上記3つの性格的特徴は当てはまりますか?
もし頭痛がない方でもいずれかに当てはまる方は交感神経が優位になってしまい様々な不調が出てしまう可能性があります。
しっかりと
・15秒以上吸って吐ける深呼吸
・顎関節の周辺の筋肉を緩める
・背骨の柔軟性を作る
この3つを意識して交感神経優位の状態から、副交感神経優位の状態を作り頭痛を改善していきましょう!!
ご自身ではなかなか改善できないという方はぜひ1度ボディデザインスタジオにご相談くださいね!

 

身体のご相談・体験セッションのお申し込みコチラから

【頭痛改善の3つのポイント】資料プレゼント!コチラ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。