BLOG

目黒で唯一 病院や整体で治らない
【頭痛】【肩こり】【慢性疲労】

3ヶ月で根本改善する

ボディデザインスタジオ目黒の田口です。

 

=============
ボディデザインスタジオとは?
《自律神経の調整》
《セルフケアの習得》
病院・整体・マッサージ・ジムに行く必要のない身体を作る専門スタジオです。
=============

 

こんにちは!

最近は寒さも少し和らいできて冬のピークも超えたかな ? なんて感じてしまっています。
しかしこれからもっと寒くなりそうな予感もするので戦々恐々としています、、。

 

さて本日のブログのタイトルでもある『ひどい肩こりの原因と対策』ですが皆さんは肩こりはありますか ?
全くない方から軽度、重度の方まで様々だと思います。
その中でも今回は重度の肩こりの方の原因と対策についてお話ししていきます。

 

◎そもそも肩こりの原因は ?◎

そもそも肩こりの原因て何なの ?と思う方も多いと思いますが、当ブログをいつもご覧になってくださっている方はご存知だと思います。
肩こりの原因は自律神経の乱れによる肩周りの筋肉の過緊張です。
※自律神経について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

そのためマッサージにっても、整体に行っても自律神経自体を整えない限りは戻ってしまうのです。
しかし当スタジオでは90%以上の改善率を出しています。

そうなってしまってはお金と時間が本当に勿体無いですよね。そうならないためにもしっかりと原因を追求して改善のアプローチをしていくことが重要になっていきます。

具体的にどのように対処していけばいいのか、それぞれ説明していきます。

 

軽度の人の対処法

軽度の人はどのように対処をしたら良いのでしょう ?
ここでいう軽度とは
・仕事のあと少し気になる
・忙しい時に少し感じる
などの場合を指しています。

このような場合は自律神経の乱れもあまりなく肩周りの過緊張もあまりないと言えます。
そのため対処法としては
・簡単な運動をする
・肩回しのストレッチなどを行う
・お風呂にゆっくり浸かる
くらいのもので解消できるはずです。
これなら整体やマッサージなどにも行かずにご自身で簡単に解消できるはずです。

重度の人の原因

重度の人。
ここでいう重度の人とは
・常に肩こりを感じる
・頭痛なども併発している
・肩が重く集中力が持たない
・仕事や家事が億劫になる
・ストレッチなどを行っても解消しない
という方を指します。

こうなっている方は自律神経もかなり乱れていると考えられます。
常に交感神経が過剰に優位になっており、身体が高ぶった状態で生活しています。そうなると
呼吸が浅くなり酸素が十分に取り入れられず、疲れやすくなったりとの弊害も出てきます。

また自律神経の乱れは非常に上記に繋がりやすいです。
交感神経過剰優位→胃の痛み→胃潰瘍 などの流れが生じます。

 

ではどのように対処すればいいのか ? 一番重要なのが
あなた自身の緊張の原因を理解することです。

それは人によって様々です。
・仕事の人間関係
・将来の不安
・自分を否定してしまう
・完璧主義 など
色々な原因が考えられますが、それは人によって様々なのです。

それがご自身で理解できれば大丈夫です。その原因を変える必要はありません。大切なのは原因を知ることなのです。
原因がわかれば対処ができます。 ほとんどの不調の場合原因がわからないから改善しないのです。もしくは原因がわかっているつもりが間違っているかです。(原因と思っているものが全くお門違いだった場合など)

なので重度の方は原因を理解し対処すればつらい肩こりも改善することが可能です。

その対策は

では重度の人は具体的にどのように対策をすればいいのか ?
まず大切なのはそうなってしまった自分を認めてあげることです。
緊張しやすかったり、不安になりやすかったりしてもそれはあなたなのです。あなた自身をしっかり認めてあげてくだださい。

次に自分がどのような時に緊張が増すかを理解し、緊張したらできるだけ早く自律神経を整えることです。
不調をいうのは時間が経過すればするほど改善に時間がかかります。なので緊張を感じたらすぐに対処して緊張を残さないことです。

まとめ

いかがでしたか ?これが重度の肩こりを持つ方の原因と対策です。
もちろんこれが全てではありません。実践してみたけどうまく行かなかったり、よく分からない方は1度スタジオまでお問い合わせくださいね。

あなたの肩こりは改善します!!

 

身体のご相談・体験セッションのお申し込みコチラから

新規ご入会は【月・火・水のみ】とさせて頂いております。その他の曜日は満員のためお受けできません。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。