BLOG

目黒で唯一 病院や整体で治らない
【頭痛】【肩こり】【慢性疲労】
3ヶ月で根本改善する
ボディデザインスタジオ目黒
の佐藤です。

 

前回の投稿で万年膝痛を改善するために知るべき3つのポイントをお伝えしました!

 

おさらいとして、痛みが出てしまう原因は

・膝に重さが乗ってしまう状態
・使いすぎ
・本来の機能とは異なる動きをしている

 

とくに膝は【曲げる・伸ばす】の2つの動きのみですが、回旋したり・横に移動する動きで膝に痛みが出てしまいます。

 

◎膝痛改善には【膝のお皿】のストレスを無くす◎

膝のお皿(膝蓋骨)の動き・可動範囲が広いと膝の曲げる・伸ばす動きがスムーズになり、痛みが出にくくなります。

ですが、前もも(大腿四頭筋など)の筋肉を使いすぎ・固くなっている状態だと膝のお皿の動きが鈍くなります。

なので前もものストレッチを行いましょう!

 

◎ストレッチ方法◎

仰向けになって両足を伸ばします。

その状態から片方の伸ばしたい脚の膝を曲げましょう。

このストレッチで前もものストレッチが出来ます。

このまま、15~30秒ほど深呼吸を行いながら筋肉を伸ばしましょう。

中々伸びを感じない人は、膝を曲げてない方の脚へ上体を捻ると股関節の根本までストレッチする事が出来るので行ってみて下さい。

出来たら反対側の脚もストレッチしましょう!

人それぞれ、立っている時に体重を片方の脚に乗せる癖があるのでどちらかの前ももは疲労が溜まりやすいです。

その場合は疲労が溜まりやすい方を多めにストレッチしてみてください。

 

◎まとめ◎

前もものストレッチを行う事で、膝のスムーズな動きを支えているお皿への負担を減らせる事が出来ます!

ですが、前ももに負担がかかっている原因がもも裏・ふくらはぎかもしれません。

脚全体の疲労を無くす事も膝痛改善には大切な事です(^^)

 

 

ボディデザインスタジオは
《自律神経の調整》
《セルフケアの習得》

病院・整体・マッサージ・ジムに行く必要のない身体を作る専門スタジオです。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。