BLOG

目黒で唯一 病院や整体で治らない
【頭痛】【肩こり】【慢性疲労】

3ヶ月で根本改善する
ボディデザインスタジオ目黒の本屋敷です。

更年期障害の症状は本当に数が多く、あらゆる部分の調子が悪くなると言っても過言ではありません。

胸の痛み、脈が早まる、めまい、耳鳴り、むくみ、冷え、頻尿などさまざまな症状が起きますが、特に有名な症状を取り上げてみました。

◎ホットフラッシュは典型的な更年期障害の症状!◎

ホットフラッシュは、更年期障害の典型的な症状です。

40代を過ぎると衰えが顕著になり、卵巣から分泌される女性ホルモンの量も激減します。

女性ホルモンが分泌されなくなると、脳は足りない分の女性ホルモンを補おうと

別のホルモンが分泌されますが、更年期に突入した卵巣は、

脳が求めるほど女性ホルモンを生み出すことができません。

女性ホルモンが減っているのにホルモンだけが必要以上に増えると言うホルモンバランスの乱れが原因で、

顔が急にほてるホットフラッシュ現象が引き起こされます。

◎まさか!尿漏れも更年期障害のせい?◎

脱毛など女性にとっては辛い症状もたくさんありますが、尿漏れや頻尿もその1つですよね。

更年期に入る頃の女性は自律神経がバランスを崩しているせいで頻尿症状が出やすくなっている上、

年齢によって骨盤底筋が衰えているために尿漏れも起きやすくなっています。

◎更年期になってから頻繁に頭痛が◎

イライラしやすくなるのも更年期障害の特徴ですよね。実はしょっちゅう頭が痛くなることで余計苛立ちやすくなっているケースも少なくありません。ホルモンの分泌量が若い頃とは変わり、バランスが崩れることで自律神経も不安定になり、脳へ十分な血液を供給しにくくなります。

その結果偏頭痛や緊張型頭痛を引き起こしますが、この2つの頭痛は病院で検査を受けても異常が発見されないタイプの頭痛です。頭が痛い時は物事を冷静に考えるのが難しいので、しょっちゅうイライラして周りから「性格が変わった」と距離を置かれることも珍しくありません。

◎動悸も心臓病じゃなく更年期障害の可能性大◎

ある程度の年齢になって動悸を感じたら、まず心臓の異常を疑いますよね。検査を受けても問題がないことが分かったら、更年期障害を疑いましょう。階段を上ったり降りたりしたわけでもないのに急に心臓の鼓動が激しくなり、夜間睡眠中にもいきなり起き出すことも。

自律神経は心臓の脈拍をコントロールする役目も担っているので、女性ホルモンのバランスのせいで副交換神経と交感神経の切り替えがうまくいかなくなると、こういった症状が出るようになります。

 

◎大切なこと◎

まずはしっかりと自律神経を整えること!

その為には深呼吸やストレッチが大切になります♪

 

ボディデザインスタジオは
《自律神経の調整》《セルフケアの習得》
病院・整体・マッサージ・ジムに行く必要のない身体を作る専門スタジオです。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。