BLOG

病院や整体で治らない
【頭痛】【肩こり】【慢性疲労】3ヶ月で根本改善する
ボディデザインスタジオ目黒の川谷です。

先日、当スタジオにて

【脱力して心も体もリラックスできる無料勉強会】

を開催しました!

脱力できない人必見!力が抜けない人に共通する3つの特徴

今を生きる現代人の方々には、なかなか「脱力」ができないと悩んでいる人が多いようです。

  • 運動や体を動かすにも、常に肩や首に力が入ってしまう。
  • 「力を抜いてください」と言われても余計に力が入ってしまう
  • 力の抜ける感覚がわからない

体の力が抜けない人は、毎日疲れやすかったり、肩こりや腰痛に悩まされたり、夜なかなか眠れなかったりと、様々な不調を抱えやすくなります。

そして、そうした力が抜けない人には共通する3つの特徴があります。

今回は勉強会でお伝えさせていただいた、力が抜けない3つの特徴についてお話させていただきます。

◎力が抜けない3つの特徴とは?◎

①姿勢が悪い

私たちの身体は、重力に対して骨のバランスを筋肉で保ちながら姿勢を維持しています。

しかし、姿勢が悪い状態が続くと、それを支える筋肉が過剰に緊張して力が入ってしまいます。

例えば、デスクワークで頭が前に出ている姿勢をずっと続けていると、首の後ろの筋肉が緊張してきます。

すると、首の緊張が肩から背中、そして腰へと繋がって、背骨全体が緊張して力が抜けない状態になってしまうわけです。

②体の使い方が悪い

使い方が悪いというとイメージしずらかもしれませんが、簡単に言えば体が硬いということです。

例えば、錆びついたネジを回そうとするのってかなり大変ですよね?

体も同じで、動かしずらい関節を無理やり動かそうとすると、それだけ余計な力が必要になります。

特に、股関節や肩関節といった、比較的よく動く関節が固まっていると、周りにある関節にも負担をかけてしまいます。

これが膝や腰を痛める原因にもなってしまいます。

③呼吸が浅い

呼吸が浅いのは、交感神経が優位になっている証拠です。

交感神経とは、心拍数や血圧、体温を上げて体を活発モードにする自律神経の一部です。

自律神経について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご参照ください!

ただ、日常のストレスや生活習慣に乱れによって、交感神経が過剰に働くと、呼吸が浅くなってしまうのです。

呼吸が浅くなってしまうと、脳や筋肉に適切な酸素が送られなくなってしまい、疲労がたまりやすい身体になってしまうわけです。

これが力の抜けない身体にも繋がっていきます。

◎”性格”も力が抜けない原因に!◎

ここまで、力が抜けない人に共通する3つの特徴についてご紹介しました。

これらは主に体での特徴ですが、力が抜けない原因には”性格”も大きく関わっています。

主には

  • まじめ
  • 頑張り屋さん
  • せっかち

こうした性格の人は、物事深く考える時に、無意識に眉間にしわを寄せたり、歯を食いしばったりする傾向があります。

なので、そうした性格からくる考え方のクセが、力の抜けない体を作っているわけです。

◎まとめ◎

いかがでしたか?

今回の勉強会にご参加いただいた方には、こうした力の抜けない特徴をお伝えした上で、

「じゃあどうやったら力が抜ける身体にできるのか?」について、具体的な呼吸法やストレッチをお伝えさせていただきました。

『脱力できるようになりたい!』という方に朗報です!

当スタジオのLINE@にご登録いただいた方には、今回の勉強会で使用した資料とセミナー動画をプレゼントします!

ご興味ある方は下のバナーから友達登録をしていただき、「脱力」とメッセージください(^^)

◎追記:2018年9月にも開催します!◎

今回の勉強会が非常にご好評をいただきましたので、9月5日(水)

【第2回 脱力して心も体もリラックスする無料勉強会】

を開催します。

・前回興味があったけどご参加いただけなかった方
・実際に脱力する感覚を体験したい方

是非ご参加ください(^^)

イベントの詳細はこちらから

===

ボディデザインスタジオは
《自律神経の調整》
《セルフケアの習得》

病院・整体・マッサージ・ジムに行く必要のない身体を作る専門スタジオです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。