BLOG

東京目黒の
【頭痛】【肩こり】【リバウンド】
3ヶ月で根本改善するパーソナルトレーニングスタジオ
ボディデザインスタジオです。

今、日本人にもっとも多いと言われている疾患。

それが、高血圧です!

現在日本には4300万人の高血圧患者がいると言われています。

当スタジオにも病院で高血圧と診断されて、降圧剤を飲み続けているクライアント様から多くご相談をいただきます。

一般的に高血圧は、病院で治療する以外方法はないと思われがちです。

しかし、当スタジオでは薬に頼らず、1回のパーソナルトレーニングセッションで血圧が20mmHg以上下がったクライアントさんもいらっしゃいます!

その方はその後継続的にセッションを受け、今では降圧剤を飲まなくても正常血圧をキープしています。

決してこれは降圧剤ややばい薬を使ったわけではなく(笑)、原因をお客様にしっかり理解していただいて、トレーニングと合わせて自宅でのセルフケアも徹底して行なっていただいたからです。

この記事では、その高血圧を下げる方法と、簡単にできるストレッチについてご紹介します!

◎動画で実践!高血圧を下げるストレッチ◎

まず、高血圧を下げるストレッチを動画でご紹介します。

首の筋肉を緩めるとっても簡単なストレッチなので、是非実践しながら下の説明をお読みください。

◎そもそも高血圧とは?◎

まず、高血圧について正しく理解しましょう。

日本高血圧治療ガイドラインによれば、上の血圧(収縮期血圧)が140mmHg以上、下の血圧(拡張期血圧)が90mmHg以上を高血圧としています。

今臨床的に見られる高血圧の90~95%は、その原因が掴めないと言われています。

◎病院では教えてくれない高血圧の原因とは?◎

では、そのように原因がはっきりしない高血圧はなぜ起こるのでしょうか?

それは、ストレスだと私たちは考えます。

病院で一般的に言われる原因としては、

  • 加齢
  • 食習慣(塩分が多い)
  • 運動不足

といったことがあげられます。

これは確かに間違いありませんが、今では若い人でもご年配以上に血圧が高い人もたくさんいます。

逆に、仮に偏った食生活をしていても、全く運動しなくても血圧は正常という人もざらにいます。

こうした人たちを分ける要因として、精神的なストレスを感じやすいか否かというのが、非常に重要な鍵を握っています。

高血圧とストレスの関係

高血圧がストレスによって引き起こされる理由として、自律神経が大きく関わっています。

自律神経について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご参照ください。

自律神経は身体と心のバランスをコントロールする器官で、興奮したりイライラしたりすると働く交感神経と、リラックスすると働く副交感神経の2つに分かれます。

血圧もこの神経にコントロールされていて、交感神経が優位になると血圧は上昇、反対に副交感神経が優位になると血圧は下がります。

つまり、人は精神的なストレスを感じると交感神経が優位になって、高血圧になるわけです。

ストレス社会と言われる通り、現代人に慢性している高血圧は、こうしたストレスが根本原因になっていると考えられます。

だから、病院でいくら降圧剤をもらっても対症療法になってしまい薬をやめられなくなるわけです。

ストレスから高血圧が来ている人のチェック法

高血圧だけど、それがストレスによって来ていると自身では感じない人もいるでしょう。

そこで、自分も高血圧の原因がストレスから来ているかどうかチェックする方法をご紹介します。

それは、首が凝っているかをチェックするということです。

交感神経が優位になっている人の9割は、首の筋肉が緊張してガチガチになっています。

これは、首に交感神経の中継点である『星状神経節』が通っているからです。

◎高血圧を下げる方法◎

ここまで、高血圧の原因がストレスによって起こることについてご説明しました。

こうした高血圧を改善するには、交感神経の働きを抑えて、副交感神経を優位にすることが重要になります。

では、どのようにすれば良いかというと冒頭に動画で解説したストレッチが有効なわけです!

高血圧にストレッチが有効な理由

ストレスからくる原因になぜストレッチが有効なのか?

それは、筋肉がゆるむことで副交換神経が高まりやすくなるからです。

 

副交感神経を優位にすることで、血管が常にリラックスできる状態を作ることができれば、それに伴って心身が受けるストレスを和らげることができます。

なので、まずはストレッチを通して身体からのアプローチを行いましょう!

◎高血圧を下げる首のストレッチの手順とポイント◎

最後に、冒頭に動画でご紹介した首のストレッチの手順とポイントについてご説明します。

<手順>

  1. 片方の手を外に向けて斜め45度に下げる。
  2. 反対に首を傾けて空いている方の手で頭を押さえる
  3. その状態をキープしたまま5回深呼吸をする
  4. 反対側も同様に行う

<ポイント>

  • 首は前に傾けずやや顎を上に向けて傾ける(こうすることで頸動脈が伸びます)
  • 息を吐くときに力が抜けるので、そのときに脱力するイメージで深呼吸をする
  • リラックス感が感じられない場合は左右それぞれ2セットずつ行ってもOK

◎まとめ◎

いかがでしたか?

血圧がストレッチで下がるというイメージがない方もいらっしゃるかもしれませんが、動画と文章でお伝えしているポイントを意識してまずはやってみてください。

血がじわーっと巡ってる感じがしてきたら、それは副交感神経が優位になってきている証拠です。

自分で血圧をコントロールして、薬に頼らなくてもいい身体を目指しましょう!

☆LINE友達限定!『たった1回で20下がった 血圧を下げる全極意』オリジナル動画プレゼント中☆

<☆他にも無料特典プレゼント中☆>

  • 『35年間悩み続けた頭痛がなくなった3つの方法』
  • 『週2回のマッサージを卒業した 自律神経を整えて肩こりを改善する方法』
  • 『睡眠薬に頼らずに寝られるようになる”脱力”の秘訣』etc…

友達になってプレゼントを受け取ってください!

初回体験のお申し込みは下記よりお問い合わせください。

 

ボディデザインスタジオは
《自律神経の調整》
《セルフケアの習得》
病院・整体・マッサージ・ジムに行く必要のない身体を作る専門スタジオです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。