BLOG

病院や整体で治らない
【頭痛】【肩こり】【慢性疲労】
3ヶ月で根本改善する
ボディデザインスタジオ目黒の川谷です。

当スタジオではそうした慢性疲労でお悩みの方に多くお越しいただきます。

今現代人に非常に増えている不調の1つです。

  • 身体が常に疲れている
  • 寝ても疲れが取れない

こうした症状が出ることから、慢性疲労症候群(あるいは副腎疲労症候群)といった病名で言われます。

でも、病院では『よく休んでください』と言われるだけだったり、『病気じゃないなら頑張らなきゃ!』とさらに自分を追い込んでしまって、しまいにはうつ病に繋がってしまう人も少なくありません。

慢性疲労はしっかりと原因を理解してアプローチしないと、いくら休んでも、栄養ドリンクを何本飲んでも改善に繋がりません!

この記事では、そんな慢性疲労を引き起こす本当の原因についてご説明したいと思います。

◎慢性疲労の本当の原因とは?◎

当スタジオが考える慢性疲労の原因は、以下の2つです。

  • 交感神経の過剰優位
  • 頭がい骨の詰まり

交感神経の過剰優位

まず、交感神経が過剰に優位になっている、簡単にいうと身体が常に緊張状態になっているということが考えられます。

交感神経は、自律神経のうち身体を活発にするために働く神経で、リラックスする際に働く副交感神経とセットになって1日の人間の身体の活動をサポートしています。

本来の身体であれば夕方以降交感神経が下がり、副交感神経が優位になることで、身体はお休みモードに入るわけなのですが、デスクワークや集中する仕事を続けたり、精神的なストレスが日常でかかり続けることで、寝る前でも交感神経が下がらない身体になってしまうわけです。

それによって、寝るときも身体が活発に働いて常に緊張した状態が続いてしまうというわけです。

頭がい骨の詰まり

『頭がい骨って詰まるの?』と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、当スタジオではこれが起こることで慢性疲労を引き起こすと考えています。

慢性疲労の本当の原因とは?

頭がい骨には、上の写真のように、骨と骨のつなぎ目があります。

このつなぎ目が周りの頭皮周りの筋肉の緊張で詰まることで、脳を圧迫します。

そうすると、いわゆる脳が常にストレスを受けて、脳が休まらない状態になってしまうというわけです。

寝るときには脳がリラックスできないと、基本的に疲労は回復していきません。

◎まとめ◎

ここまで、慢性疲労を引き起こす原因についてお話ししました。

慢性疲労を根本から改善するためには、こうした原因にアプローチして、

  • 交感神経の過剰優位を抑える
  • 頭がい骨のつまりを解消して脳が受けるストレスを減らす

マッサージや栄養ドリンクを飲むだけではなかなか改善しない慢性疲労ですが、

当スタジオではこうした本当の原因にしっかりとアプローチすることで、90%以上のお客様に『疲れない身体になった!』と成果を実感していただいています。

一人で悩んでいては疲労を悪化させてしまうだけです。

是非お気軽にご相談ください!

 

LINE@からもお気軽にご相談ください!

友だち追加

友達登録してくれた方にはお得なプレゼントをご用意してます!

ボディデザインスタジオは
《自律神経の調整》
《セルフケアの習得》

病院・整体・マッサージ・ジムに行く必要のない身体を作る専門スタジオです。

◎動画でも解説しています◎

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。