「我慢なし」で痩せるには ?

肩こり・腰痛・疲れやすさが酷く
疲れて運動する余裕がない
あなたの

ダイエットを成功させるトレーナー
ボディデザインスタジオの田口です。

 

友達追加はこちらをクリック

 

ガッチガチの肩こり
つらいですよね。

仕事をしていても家事をしていても
心の中では「疲れた〜」と思っている。

疲れがピークに達するとマッサージに行きなんとか疲れをごまかす。

でも翌日には元通り

しかも少しづつ太ってきており
「そろそろ痩せなきゃヤバい・・」
と常に思っている。

そこで
「よし!ちゃんと運動してダイエットするぞ!」と思いジムに入会したり、ジョギングを始めたりする。

しかしいくら頑張っても全く痩せない・・。

 

それどころか頑張って運動すればするほどどんどんストレスが溜まっていく

時には本当に身体がクタクタの中
身体にムチ打って運動をするも

やればやるほど疲れてしまう・・。

 

頑張っても全然痩せないし
心も身体も疲れてくる・・。

「もうどうしたらいいのか分からない」

と凄く不安になることはありませんか ?

でも大丈夫です。
そうなってしまうには
「原因」があります。

しかも私たちボディデザインスタジオはその原因が何かが分かっています。

それは
カラダ全体が「酸欠」になっているからです。

酸欠 ?
とお思いの方も多いと思いますので解説していきますね。

順を追って説明していきますね。

まずそもそも
肩こりというのはなぜ起きるのか ?

端的にいうと身体が緊張していて常に肩の筋肉に力が入っている状態です。

人は誰でも緊張すると肩に力が入ります。
その緊張感が続きやすい人が慢性的な肩こりさんです。

ではなぜ肩こりと酸欠が関係あるのか ?

肩がこる=緊張
ですね。

人は緊張すると「息を止め待てしまう」
という自然現象があります。

もしくは「呼吸が浅くなる」という現象もです。

そうなると身体に酸素が入って来なくなります。
つまり酸素不足になります。

次に酸素不足がなぜ「痩せない」に関係してくるのか ?

皆さん「有酸素運動」て聞いたことありますよね。
有酸素運送は痩せる。と聞いたこともありますよね。

ではなぜ有酸素運動は痩せるのか ?
それは運動中に体脂肪がエネルギーとして使われるからです。

そうなることにより
体脂肪が減る=痩せる
となるのです。

しかし有酸素運動で体脂肪が減るのには条件あります。

それは

体脂肪に酸素が運ばれた時

なのです。

体脂肪は酸素がある時しか使われないのです。
もうお察しの言い方はお気付きですね。

身体が緊張

呼吸が止まる or 浅い

酸素が不足

体脂肪に酸素が運ばれない

痩せない

という流れなのです。

酸素は全ての生物に必要不可欠なエネルギーです。
酸素は「生命維持に必要な部位」に優先的に使われます。

・脳
・心臓
・内臓
・筋肉
etc

生命からしたら「体脂肪はあったほうがいい」のです。
だって体脂肪は非常事態のエネルギーですから。

だから運動しても痩せないあなたはまず
「ガッチガチの身体を整え、ゆるゆるにする」
ことが必要なのです。

そのあとにダイエットをすれば

・疲れていないから余裕がある
・非常に痩せやすい身体

でダイエットが成功に近づきます。

ではどのようにゆるゆるな身体を作るのか ?
ボディデザインスタジオではこのようなことを行います。

① 身体の無駄な力みが取れる
「呼吸法」を覚える
 
 ② 副交感神経を優位にするための

 「ストレッチ方法」を覚える

③ 生活しているだけでどんどんリラックスしていく
「姿勢」を作る

これを行えば可能です。

ただこれはボディデザインスタジオでしか無理です。

他の整体やジムではできません。(当社調べ)

むしろあったら教えてください(笑)

あなたはこれからも

① 身体バッキバキの中「無理してダイエット」を行いますか ?

② 身体と心をゆるゆるにして「余裕で痩せますか ?」

========== 
「バキバキの首・肩 」を改善しながら
「我慢なしダイエット」を成功させる
パーソナルトレーニングジム

 《ボディデザインスタジオ目黒 》
http://bds-dietjunnbann.mystrikingly.com/

141-0031
東京都品川区西五反田3-12-8CASA GRAN五反田 501
(JR目黒駅8分、 JR五反田駅10分、 東急目黒線不動前駅3分)

TEL:03-6260-8208

MAIL:bodydesignstudiomeguro@gmail.com

営業時間
月〜金 11:00〜18:00(最終受付17:00)
土・日 9:00〜21:00(最終受付20:00)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。