頭痛改善 50代女性

慢性疲労の改善 40代男性

頭痛・慢性疲労の改善 40代女性

全身疲労が改善 20代男性

慢性疲労・肩こりの改善 20代男性

肩こり・慢性疲労改善 40代女性

EDの改善 30代男性

背中のこりが改善 40代男性

腰痛が改善 40代女性

頭痛改善 50代女性

肩こり・冷え性の改善 50代女性

不眠・慢性疲労の改善 30代男性

肩こり・頭痛の改善 30代女性

頭痛・イライラの改善 30代女性

頭痛・の改善  40代男性

自立神経って何?

そもそも自律神経とは何なのか?

自律神経の最大の働きとは身体の恒常性(一定に保つこと)を保つ神経です。 暑ければ汗をかき、寒ければ震え体温を一定に保つ働きがあるように、常に人間は体の状態が一定になるように働いています。(体温、水分量、皮膚の状態など)これは自律神経の働きによるものです。


具体的には

  • 呼吸をする
  • まばたきをする
  • 体温を一定に保つ
  • 消化吸収をする
  • 排泄をする
  • 血液を循環させる etc

などが挙げられます

自律神経は無意識に身体をコントロールし生存に向けていく神経なのです。
これがうまく機能しないと人は日々生きていくことが困難になってきてしまいます。

自律神経は背骨から派生していて各内臓につながっています。 交感神経副交感神経という2つに分かれます。 主に交感神経は集中、緊張、不安、ストレス、などに優位になります。

副交感神経はリラックス、喜び、安心などに優位になります。 自律神経は感情によって大きく左右されてしまうのです。

自律神経が乱れるとは?

自律神経は

交感神経

副交感神経


の2つに分類されます。 人は朝から夕方にかけては交感神経が優位になり体が活発になります。 そして夕方から夜、朝方にかけて副交感神経が優位になります。 しかしこのバランスが乱れてバラバラになってしまうことを自律神経失調症といいます。 具体的には 不眠や慢性疲労、日中に眠くなってしまうなど昼夜が逆転した症状が起きてきます。

自律神経が乱れるとどうなるの?

自律神経は各内臓とつながっているため内臓全てに悪影響が及ぼされます。 不眠症や、頭痛、肩こり、下痢、便秘、胃痛、慢性疲労などはその最たる例です。


下記が自律神経が乱れた時に出る症状です。 それらは残念ながら薬などでは改善しません。放置しておくことにより徐々に悪化していきます。

何で乱れるの?

自律神経は様々な刺激によって乱れます。 大きな音や、光、皮膚刺激などでも乱れます。 その中でも多くな割合を占めるのがストレスです。 ストレスが交感神経を優位にし自律神経の乱れを生じさせるのです。 自律神経の乱れの中でもその多くが交感神経が優位になった状態です。 《過敏症》などはまさにその類です。

自律神経は整えられるの?

病院などで医師の方から『自律神経が原因ですね。リラックスするように心がけてください』などと言われた方もい多いのではないでしょうか? 読書をしたり、映画を見たり、旅行に出かけたり、美味しいものを食べたりとリラックスをするために様々なことにチャレンジした方も多いと思います。 その結果いかがでしたか? リラックスできたという方もいれば、全くリラックスできなかった という方もいるかと思います。 リラックスできたという人の中でも多いのが 【一時はリラックスできたが、すぐに戻ってしまう】というものではないでしょうか? そこで考えなければならないのは自律神経が乱れる最大の原因は何か? ということです。 上記で述べたのはストレスでしたよね? ストレスというものは仕事や子育てをしていれば大なり小なり毎日発生するものです。 となると

  • 読書
  • 映画
  • 旅行
  • 美味しいものを食べる
というものは毎日かついつでもどこでもできるものではないですよね? となると 忙しかったりするとできなくなってしまいます。


そうなってしまうと【忙しい人=自律神経が調整できない】となってしまいます。 しかし現状はそんなことはありません。


ではどうすれば自律神経を整えることができるのか?


それは 【呼吸】と【ストレッチ】です。

当スタジオでは オリジナルの呼吸方法 オリジナルのストレッチ を行い多くの方の自律神経をコントロールして多くの方が成果を上げています。

なぜセルフケアの習得が必要なのか?

人の身体はすぐに元に戻ろうとする

人間には【恒常性】というものが備わっています。分かりやすくいうと「一定に定まって変化を嫌う」ということです。これがあるためにセッションを受けていくらいい身体になろうとも次の日にはセッションを受ける前の状態に戻ろうとしてしまいます。「整体に行っても一時的にはよくなるがすぐに戻ってしまう」

セルフケアをしないとどうなる?

人間には恒常性が備わっています。例えば週に1回いい身体の状態にしても1〜2日で元に戻ってしまいます。しかしセルフケアを行うことによって悪い状態への戻りを最小限に抑えられるのです。その状態で1週間キープしてまた次のセッションを行うことにより身体の状態はどんどん向上していくのです。

大切なのは自分でコントロールして自律すること

当スタジオは「一生不調が出ずに健康な身体になる」ということを目標としています。そのためには「スタジオに来ないと健康を保てない」という状態を変えなければなりません。「自分で自分の体をコントロールして不調が出ない体を作る」それにはセルフケア方法の習得しかありません。

自律神経を整え不調を根本改善するための具体的な方法を説明いたします。

呼吸が深くできるようにします

呼吸は自律神経を整える上で一番重要な要素です。呼吸が深くできないと身体の緊張状態が続いてしまいます。 「息を飲む」「鼻息が荒くなる」というように緊張状態はまず一番先に呼吸に現れます。 不調の順番はこうです。

  1. 精神的な緊張など
  2. 呼吸が浅くなる
  3. 首や体全体に力みが生じる
  4. 頭痛や慢性疲労などになる

身体に現れる最初期症状である呼吸をしっかりと自分で整えることができるようになれば不調にならずに快適な毎日を過ごせるようになります。

自律神経は背骨から派生していて各内臓につながっています。 交感神経副交感神経という2つに分かれます。 主に交感神経は集中、緊張、不安、ストレス、などに優位になります。

副交感神経はリラックス、喜び、安心などに優位になります。 自律神経は感情によって大きく左右されてしまうのです。

歯の食いしばりを解消します

食いしばりが起きることによって頬の筋肉や側頭部(耳の上あたり)の筋肉が硬くなります。その硬さは首まで波及し首も硬くなります。首が硬くなることにより副交感神経が優位になりずらい身体になってしまいます。

食いしばりを改善するには顎関節周辺の筋肉をほぐし、下顎の骨を正常な位置に矯正することを行えば改善していきます。食いしばりは残念ながらマウスピースでは治りません。

背骨を柔軟にします

自律神経は背骨から派生しています。そのため派生している背骨が硬くなると自律神経の正常な機能が阻害されてしまいます。背骨を柔軟にすることで自律神経の働きも正常になり身体のリラックス状態が獲得でき、不調が改善していくのです。

姿勢を整えます

姿勢は一見自律神経とは関係ないように見えますが姿勢が悪いことによって起きてしまうことがあります。それは「深い呼吸ができない肋骨の形」と「背骨が硬くなり自律神経がうまく機能しない」ということです。

いくら呼吸を行っても深くできないのは「深い呼吸ができない肋骨の形」が原因であり、いくらリラックスしようとしてもできないのは「姿勢の悪化(猫背や反り腰)によって背骨が硬くなり自律神経が正常に働かない」が原因です。

姿勢を改善することで自律神経の正常化にも繋がっていきます。

具体的なセッションの流れを動画でご覧ください

ボディデザインスタジオでは多くのお客様に体が変わる喜びを提供しております

電話で予約 メールで予約
PAGE TOP